交通事故でトラブルに巻き込まれないために弁護士にすぐ相談する

弁護士の活用法

弁護士に任せるべき理由日本国内で交通事故に遭遇した時に、弁護士に相談する事は
依然として敷居が高いのが実情です。

 

それは、弁護士を活用する文化が根付いていないことが
大きな理由になっています。

 

交通事故の被害者は、多くが法律的な知識に乏しく、交渉方法もわからないため、
加害者側の保険会社から不当な扱いを受けるケースもあると言えます。

 

極端な例になると、交通事故の被害者であるにもかかわらず、加害者のような
扱いを受けることもあり、最終的に不当に低額な示談案しか提示されなくなるわけです。

 

被害者

 

個人対保険会社の交渉となると、どうしても気後れしてしまい、妥当な慰謝料や示談金を
受け取れない場合がとても多くなっているのが実情です。

 

また、弁護士に依頼すると、訴訟費用がかかったり、裁判に時間がとられるのを
心配する人も多いといえます。

 

弁護士を活用

 

けれども、実際は、訴訟を起こさなくても弁護士を通じて簡単な示談交渉を行うだけで、
保険会社から支払われる金額が大きく変わったりします。

 

また、訴訟費用は、示談交渉によって増額した分から支払うことになるので、
実質的に余分な費用はかからないわけです。