交通事故でトラブルに巻き込まれないために弁護士にすぐ相談する

即日対応について

弁護士に任せるべき理由交通事故が起きてしまった場合、日常では起こりえないことなので
被害者も加害者も気が動転してしまい、どのように対処をしていいか
わからない人が多いのです。

もし、交通事故が起きた場合には警察や救急に連絡することも大事ですが、
それ以降について賠償金問題に発展したときには
弁護士を立てて代理してもらうべきでしょう。

和解

ちなみに、ここで言う賠償金問題は民法709条の
不法行為による損害賠償請求になります。



弁護士を利用する時には弁護士ならば誰でもいいという
わけではなく、交通事故専門の弁護士に代理をしてもらうと
より滞りなく解決することができます。

損害賠償に関する問題に関しては裁判で争われますが

多くの場合には判決が出る前に和解という形で終えるのです。


和解をする理由は、万が一訴訟の結果敗訴が決定した場合には
被害者側はとれるはずのお金を取ることができないわけです。

無料で

一方、加害者側は払わなくてもいいお金を払わなければならなくなるからです。