交通事故でトラブルに巻き込まれないために弁護士にすぐ相談する

民事責任

弁護士に任せるべき理由交通事故に於ける法律上の責任は、大きく分けて刑事責任、
行政上の責任、民事責任に分けられます。

あまり耳慣れない言葉ですが、刑事責任とは警察が
取り締まる部分で、事故をおこした場合の犯罪、
すなわち器物損壊罪や業務上過失傷害罪などです。

また、行政上の責任とは免許の停止や取り消し、
減点処分等が有ります。

 

民事責任は事故の相手方に対しての責任で、相手方の
車を壊した場合の賠償責任や、怪我をさせてしまった
場合の治療費などが有ります。

その中でも特に重要なのが、後遺症が残ってしまった場合の
慰謝料です。正しく要求する

 

交通事故に於ける慰謝料は加害者と被害者の主張が
食い違うことが多く、弁護士に依頼して法的根拠を
踏まえた正当な要求を行うことが大切です。

交通事故の後遺症の場合には体が元通りにならないため、
どんなに多額の慰謝料を貰っても満足できるものでは
ありませんが、弁護士に依頼することでよりその苦痛を
補てんできる額を請求することができます。出会い頭